テンカラのアタリとアワセ


アタリとアワセはテンカラの醍醐味


魚が毛ばりをくわえることをアタリと言います。アタリがあったときに毛ばりをしっかりと魚の口に引っかける動作のことをアワセと言います。テンカラでは「どうアタリを知覚し、どうアワセるのか」が非常に重要でテンカラマンの間では意見が割れるトピックの一つです。ここでは初心者の方を対象としているためもっとも簡単で魚を釣り上げる可能性が高くなる方法を紹介します。


①まず毛ばりが水の中にある時はラインを張りすぎず緩ませ過ぎず、若干孤を描くくらいの状態をキープします。 

②魚が毛ばりをくわえるとラインが張り直線になります。この時軽く竿を上げてみてください。

原則、水中に入るのは毛バリとハリス、というのが正しいテンカラです。しかし流れが複雑な所では毛ばりが沈みラインが引き込まれていきます。ここで竿を上げてラインの出をコントロールすると毛ばりの流れが不自然になるので、そのままにしておくように私はしています。水中の餌も流れに乗り沈んだり浮いたりするのでそれに任せるわけです。毛ばりが自然に進んでいく先に魚が待っている、と考えてもよいでしょう。

ではその状況下でどのようにあたりを取るのか、ですが、初心者のうちはアワセは必要ありません。ラインの動きが止まったり、ピンと張ったりしたら竿を軽く(ほんとに軽く)上げてみてください。魚が掛かっていればそこからやり取りが始まりますし、ただ流れに引き込まれただけならそのまま流してもよし、もう一度キャスティングしなおしてもよしです。

小さい魚は「ビクン」と大きくアタリが出ます。逆に大物は静かに出ることが多いです。水中の岩に引っかかったかな、というようなアタリとなります。いずれにしても、ラインが張ってから軽く竿を上げる、のが初心者には大事なことですね。