思い込みは捨てる


とにかくテンカラロッドを振ってみることが大事


昨今は多くの川がコンクリート護岸で固められ、砂防ダムや堰堤が魚の行き来を阻んでいます。確かに砂防ダムは魚の遡上は妨げますが、増水時に流れ落ちてくる魚は居るわけで、完全に魚がいないと思いこむのは間違いです。私が度々訪れるポイントは上流下流を砂防ダムに挟まれた200メートル弱の区間です。時間が良いと尺上が入れ食いになります。ですので多くの人が「絶対に魚がいない」と思う区間であえて竿を出してみることも重要です。本当に「竿を出してみないとわからない」んです。地図で気になる区間を見つけたら、とりあえず行って竿を出してみましょう。思わぬ釣果が得られます。

この川は釣れない、先行者がいるから釣れない、などと思い込んでしまうのもよくありません。特にテンカラはほかの釣り人とは違うポイントに仕掛けを投入できるアドバンテージがあります。そういう時はルアーでは狙えないポイントに絞って釣行するのもいいでしょう。私も実際にルアーの人が釣れない中、たくさん釣ったことがあります。

Fieldsへ戻る