テンカラの特徴


テンカラを特徴づける要素とは


しばしば、Japanese fly fishing と訳されますが、フライとの大きな違いはその道具のシンプルさです。竿、糸、毛バリの3つでできるこの実践的な無骨さがテンカラの最大の特徴であり美学であると言えます。なぜリールが不要だったのか。それは竹の存在が大きく、しなやかで軽量な長竿を気軽に入手できる環境だったからです。

毛バリは地域によっていろいろな形状のものが使われていたようです。地域、釣り人それぞれで違い、他人には決して見せない川漁師もいたようです。伝承毛バリを紹介しているサイトや書籍も多数ありますので興味がある人は調べてみると面白いでしょう。

ラインは馬素とよばれる馬の尻毛を撚り合わせたテーパーラインが使われていました。現在では化繊のラインが主流で各タイプが販売されています。

現代テンカラはより軽量で機能的になった中世の釣り方であると言えます。

What's Tenkaraへ戻る