優良河川の見分け方


まず釣れる川を探します


有名な川、すなわち昔から本や雑誌で紹介されている、もしくはネットに情報がたくさん出ている川は、大きい(ここでは20センチ位)魚はほとんどいないということがしばしばあります。釣れるのは稚魚ばかりといった状況です。せっかく何時間も車を走らせたのに、5センチくらいの魚ばかり釣れるとなると、心が折れそうになります。

もちろん時期には左右されますが、釣れる川、要するに魚がいる川は、時期時間が悪くてもテンカラ(フライなど毛ばりの釣り)ならそこそこ釣れます。3時間やってボウズということはほぼありません。3時間やってまったく当たりがない、もしくは稚魚しか釣れない川・区間は早々に見切りをつけた方が良いです。では実際に川選びのポイントを挙げていきます。

一言でいうと「みんなが敬遠する川に入ること」なんです。

「遠い」ー大都市圏からの距離が遠ければ遠いほど良い、ということです。ですが先に述べたように、いくら遠くてもそれが「有名河川」であれば話は別です。

「アクセスが悪い」ー例えば、車ではいけない、林道をしばらく歩く、橋や野道など入渓点が無い、などです。これらの条件で訪れる釣り人は格段に減ります。ですが私有地や立ち入り禁止区間などに入るのはやめましょうね。

「障害が多い」ー熊がよく出るエリアであるとか、蚊や蜂が多い、水量が多くて遡上が大変、などの人間にとって嫌なことです。釣りに本気じゃない人はそんなところにわざわざいきません。ということで人は格段に減ります。

「川としての魅力がない」ー護岸工事がされていて自然が感じられない、市街地を流れている、ごみが多い、生活排水が流れている、など自然を愛する釣り人が訪れない場所です。

「ネームバリューが無い」ー川の名前が売れていない、ネット検索に引っかからない。

ではまとめてみますと...大都市圏から遠い山村を流れる、藪が生い茂り蚊が多く、熊の目撃情報が相次ぐ、〇号川もしくは〇線川、ということです。これは確実に釣れます。

もうお気づきだと思いますが、要するに「虎穴にいらずんば虎子を得ず」ということです。危険を冒せと言っているのではありませんが、ほかの人より手間と時間を掛ければ釣れる川に出合うことができるということです。

Fieldsへ戻る