テンカラの毛ばりは見えてないといけないのか?


テンカラ釣りの視線はどこへ


結論から言うと、毛鉤は見えている必要はありません。大体どこを流れているのかさえわかればアタリに対応できます。

キャスティングした毛ばりは水面に落ち、ハックルが水を含み徐々に沈んでいきます。それがテンカラの毛ばりの特徴です。フライフィッシングで使われるドライフライは視認性が良く水面に浮くのでどこに着水しどこを流れているのかが一目瞭然です。しかしテンカラは慣れないうち、どこに落ちたのかすらわからないときがあります。私も水面に落ちたと思っていたら対岸の岩に毛ばりがのっかっていたなんてことがよくあります。特に逆光の時などは自分が何をしているのか全くわからないことがあります。目をつぶっているのと変わりません。

さて話が逸れましたが、テンカラ釣りにおいて毛ばりを「完璧に」追跡することは目指さない方が良いです。大切なことは、おおまかな位置を把握することです。下図のように直径1メートル程度の範囲を見ていれば問題ありません。

毛ばりとハリスはとても見づらいので、「見えたら見る」くらいの気持ちでいてください。集中してみるべきはラインと水面です。その先にある毛ばりの位置を推測することができます。ですので...ハリスが短ければ短いほど毛ばりの位置は推測しやすい、ということになります。極論すればハリスは30センチほどでもOKなのですが、ハリスが短いと今度は自然に流すことに影響が出るので、キャスティングの上達につれてハリスを長くしていきましょう。

イラストのように水面を見つつラインのたるみも見ている状態です。ラインが張るもしくは動く(止まる)、水面に変化がある、水中がギラッと光るとアタリのサインです。軽く竿をあおってみましょう。