【社会人の英会話6】やっと届いた手紙ついて英語で説明してみよう

2022/02/08

英語

t f B! P L

自分の頭で考えて英文を作り上げる習慣は、英会話をマスターするうえでとても大切です。テーマについて簡単に英語で要約をする練習をしてみましょう。


今回のテーマは「51年ぶりに届いた手紙」です。


私は現在、個別指導塾で中学生に英語を指導しています。

英語に対して苦手意識を持っている生徒が多いので、シンプルでわかりやすく、超ゆるい感じで指導をしています。おかげさまで、生徒からは「わかりやすい」「英語の勉強が辛く感じない」という感想を頂いています。


今回のテーマは「51年ぶりに届いた手紙」です

参照元はこちらになります。

Letter Delivered 51 Years After Being Sent

VOA learning English の記事です。英語学習者にめっちゃおすすめのサイトです。特に中級~上級者が毎日読む英語ニュースとして、内容も英文のレベルもぴったりの内容になっています。


今回の文章を日本語に要約するとこんな感じになるでしょうか。


リトアニアに住む12歳の少女に宛てた手紙が51年ぶりに配達されました。

その手紙は、リトアニアの首都ビルニュスで昨年の夏に旧郵便局の壁が取り壊されたときに発見された17通のうちの一つになります。おそらく、郵便局員によって隠されたものでしょう。

当時と住所が変わってしまっているので、配達先を見つけるのは大変な作業だったようです。

受け取った人は「私の場合そこまで大切な手紙ではなかったが、もしそれが大切な手紙であったら大変なことです。」と感想を述べています。


日本でも毎年このようなニュースは報道されていますよね。人間がしていることだから起こりうるでしょう。大切な手紙は書留など記録が残るもので送るようにしましょう!

特に手続き系は先方の指示がなかったとしても、慎重な私は必ず簡易書留で送っています。

少し話が反れましたが、本文中にあるように瓶に入れられ海に流された手紙のような出来事でした。


カギとなるセンテンスを読解する

VOA learning English ではちょうどよいレベルの英文が使われているので、普段の会話表現の参考にしましょう。


A letter written to a 12-year old girl in Lithuania was delivered in December, almost 51 years after it was sent.

written ~ 過去分詞の形容詞的用法というやつです。名詞の後ろに付けられて修飾します。リトアニアに住む12歳の少女に宛てて書かれた手紙。


The letter, together with 17 others, was discovered this past summer when a wall was taken down in a former post office in Vilnius.

take down ~ 「~を取り壊す」という意味。


Street names and their numbering have changed in Vilnius. Post office workers spent months looking for the people who were supposed to receive the letters – the recipients.

be supposed to ~ 「~するはずの」という表現で、日本語ではあまりこういう言い方はしませんが、英語ではよく使われる表現なので、自分で例文を作って言う練習をしておいて損はありません。これを自然に使えるとおしゃれです。


"The loss was not life-changing," said Klonovska. She then asked, "What if they delivered a lost letter from a suitor to his love, and their wedding never happened?"

ちょっとわかりにくい文章です。今回手紙を受け取った人の言葉ですが、彼女にとっては文通相手からの手紙ということで重要なものではありませんでしたが、もし今回配達された手紙が恋人に宛てた手紙だったら、結婚式は無かったでしょう、という意味にまります。


話す内容を日本語で考えてみよう


さて、今回の記事を誰かに説明するつもりで英語の文章にしてみましょう。

その際に気を付けることは、中学生レベルの英語をうまく組み合わせることです。


まずは先ほどの要約をもう一度確認します。


リトアニアに住む12歳の少女に宛てた手紙が51年ぶりに配達されました。その手紙は、リトアニアの首都ビルニュスで昨年の夏に旧郵便局の壁が取り壊されたときに発見された17通のうちの一つになります。おそらく、郵便局員によって隠されたものでしょう。当時と住所が変わってしまっているので、配達先を見つけるのは大変な作業だったようです。受け取った人は「私の場合そこまで大切な手紙ではなかったが、もしそれが大切な手紙であったら大変なことです。」と感想を述べています。


このまま英語にするのは難しいですね。ということで、簡単な日本語の文章にしてみましょう。


リトアニアに住むある女性のもとに、51年前に出された手紙が届きました。

その手紙は昨年夏にビルが解体されたときに発見されました。

郵便局員がきちんと配達をしなかった模様です。

配達されるべき人を見つけ出すには数か月かかりました。

なぜなら、当時と住所が変わってしまっていたからです。

もし重要な手紙だったら、大変なことですね。


これくらいの内容をその場で言えることができば、英会話中級者と言えるでしょう。


英語で表現してみましょう


One letter written 51 years ago was delivered to a woman living in Lithuania.

The letter was found when old building was taken down.

It seemed like post officer didn't his work properly.

It took several months to find out recipients.

Because the names of street have been changed in this 50 years.

In case the letters are important, it is a big matter!


少し幼稚かなと思われる英文ですが、このレベルの英語がスラスラ出てくるようになることを目標にしましょう。何を主語にして、どれくらい文章を端折って(本来言いたいことの20%ほどに抑え)、相手に伝わるような言い回しを適宜考えながら文章を組み立てる作業が、「英語で話す」という行為です。

QooQ