【英語でショートスピーチ-27】猛禽類の鉛中毒について

2022/02/28

英語

t f B! P L

自分の頭で考えて英文を作り上げる習慣は、英会話をマスターするうえでとても大切です。テーマについて簡単に英語で要約をする練習をしてみましょう。

今回のテーマは「猛禽類の鉛中毒について」です。


私は現在、個別指導塾で中学生に英語を指導しています。

英語に対して苦手意識を持っている生徒が多いので、シンプルでわかりやすく、超ゆるい感じで指導をしています。おかげさまで、生徒からは「わかりやすい」「英語の勉強が辛く感じない」という感想を頂いています。


今回のテーマは「猛禽類の鉛中毒」です


元ネタはこちらになります。

Nearly Half of US Bald Eagles Suffer Lead Poisoning

猛禽類の鉛中毒は日本でも問題になっていますね。日本ではかなり前から条例で規制されているはずですが、アメリカではないみたいです。あくまでもハンター個人の良識にゆだねられているようです。

レイチェルカーソンの沈黙の春で明らかにされたように、食物連鎖の上のほうに進むにしたがって、そのような毒は濃縮されていき、結局大型鳥類や哺乳類に悪影響を及ぼします。興味のある方は「沈黙の春」を読んでみてください。英語では難しすぎました、私には。


さて、いつものようにこのトピックを英語で簡単に説明してほしいのですが、どのような流れで話せばより伝わるでしょうか? 考えてみてください。


私はこんな感じに口から出てきました。

Recent study suggest that many eagles in America are suffering lead poisoning.

Lead is a kind of iron contained in bullets used by hunters.

Even if eagles take a little amount of lead, they would loose their abilities to survive like hunting and flying.

The number of eagles in America has been increasing recent years by the effort of conservation.

But experts say lead poisoning will affect its population near future.


主題を明確にしてから話始める


英語のスピーチや小論文では、先に結論を書いて後からその論拠をつけ足していきます。なので、最初の一文だけでもスピーチの内容がわかるような出だしになるように心がけましょう。

では、私が話した文章を一つずつ説明していきます。


Recent study suggest that many eagles in America are suffering lead poisoning.

最近の研究で、アメリカの多くのワシが鉛毒に侵されていることが明らかになった。

recent ~ で「最近の~」というニュアンスになります。これもとても便利な言い回しで、例えば、recent situation, recent years みたいな感じで使えます。

lead は発音に注意です。導くという意味の lead とは違う発音になります。


Lead is a kind of iron contained in bullets used by hunters.

鉛は鉄の一種でハンターが使う弾丸に含まれている。

lead がうまく伝わっていない可能性を考えて、説明する文を挟みました。

いろいろな表現が可能な部分ですね。できれば日常的な単語をうまく組み合わせて、言いたいことを表現してみてください。自分が見たことも聞いたこともない単語を使うのは厳禁です。自分の引き出しが増えるまでは和英辞書も絶対に使ってはいけません。不自然な表現になってしまうので。


Even if eagles take a little amount of lead, they would lose their abilities to survive like hunting and flying.

たとえ少量の鉛を摂取したとしても、彼らはハンティングや飛行といった生存するための能力を失う。

lose の発音に注意しましょう。過去形の lost はすぐに出てきても、意外とこの lose がすんなり出てこないケースがあります。


The number of eagles in America has been increasing recent years by the effort of conservation.

アメリカにおけるワシの数は、保護の努力によって増加を続けている。

the number of ~ で「~の数」、a number of ~ で「複数の~」です。

うーん、英語は紛らわしいですが、こちらも非常によく出てくる言葉なので、そのニュアンスをつかんでしまいましょう。


But experts say lead poisoning will affect its population near future.

しかし専門家は、鉛毒が近い将来、生息数に影響を及ぼすだろうと指摘する。

population も社会や環境系のトピックでしばしば登場してきます。人間でもほかの生物でもなんにでも使用できるので便利な言葉です。

affect は他動詞で~に「影響する」です。受け身で使われることのほうが多いかもですね。


はい、私はこんな感じで話しましたが、皆さんはいかがでしたか?

話す際にはゆっくりはっきり発音することを心がけましょう。そして主語の選択を間違えて言葉に詰まってしまった場合は、最初から言い直す度胸も肝心になります。

そして、文章はなるべく短くし、it や there is などを使って同じ主語の繰り返しも避けるようにできたら尚良いです。

QooQ