【札幌近郊で渓流釣り】薄別川の清流でイワナを釣る!

2021/08/22

テンカラ 釣行記

t f B! P L

札幌近郊には渓流魚が釣れる川がいくつかあります。その中の一つ、水質の良さで言えば薄別川でしょうか。

釣れる魚、良い時期なども含めて、南区在住の私が豊平川支流、薄別川をご紹介します。

イワナ狙いであれば薄別川がおすすめ

札幌市中心部から車で40分


薄別川は札幌市南西部を流れる河川で、豊平川の支流の一つです。中山峠方面の山間を水源とし、定山渓付近で豊平峡ダムから流れてきた豊平川と合流します。

ポイントは定山渓を過ぎてから無意根大橋まで、そしてさらに上流の区間。要するに薄別川はほぼ全域で釣りが楽しめます。230号線沿いにいくつか橋がありますが、それらから簡単に川に降りることができます。

薄別川の特徴ですが、ひとことで言うとめっちゃきれいな川です。川底は岩盤もしくは砂利や岩で水はとても澄み、落差も程よくあるので良いポイントが連続しています。

※橋から入ることができるので入渓はしやすいですが、川を渡らなければ先に進めない箇所もあるので、ポイント間の移動にはウェーダーが必要となります。水量が多い時期(春~夏)には流れが速く渡河時には注意が必要です。

札幌中心部からは車で40分ほど、都市間バス「薄別」停留所からのアクセスも可能です。(乗車に予約が必要みたいです)

少し下流の定山渓エリアでの釣りはこちらの記事を参考にしてください。↓↓

札幌市内でちょっと釣りをしたい方は厚別川へ行ってみましょう。↓↓

対象魚はエゾイワナ!

豊平川との分岐点には大きな滝があり、そこから上流の薄別川は全く別の渓相、岩盤の渓流となり、水の濁りもない美しい景色が広がります。

自宅から近かったこともあり一時期頻繁に通いましたが、釣れるときにはまとめて釣れる、釣れないときにはいくら粘っても全くつれないという川で、悪いタイミングで入った人には魚がいない川という烙印を押されることも。

夏の終わりころ一時的に渇水します。どうやら上流で取水しているようです。9月は釣りにならないかも、気を付けてください。特に白水川との合流地点より上流は急激に水が減るのでその時期に入るのであれば白水川合流点よりも下流をお勧めします。

釣れるのは主にイワナです。ていうか、それ以外を釣ったことがありません。

定山渓から無意根大橋までの区間はほぼ釣り歩きましたが、ニジマスを釣ったことはありません。ニジマスが出ない河川は今時珍しい。なので外来種の姿を見たくない人におすすめの河川だと言えます。

釣れるイワナのアベレージサイズは25センチといったところ。なかなか出ませんが大物も期待できる区間です。一部、深くなっている大場所もあるので、ルアーの人でも楽しめるでしょう。

まとめ:温泉街も近いので半日は遊べます

個人的に薄別川は大好きな川で、ただ眺めるだけでも価値のある清流かなと思います。釣りをしなくても河原まで下りて、足を入れてみてください。

人口200万の大都市の郊外にこのような場所が残っていることは珍しいことで、ましてや交通量の多い230号線と並行しているのにも関わらずです。

そして、釣りの後には定山渓温泉で日帰り入浴もできますよ。イワナが釣れ、渓相も美しく、温泉まであるんです! 以下に日帰り入浴対応の施設を挙げておきます。

温泉街の入口に無料の足湯もありますよ。私は自転車で行ったときにはここで足の疲れをとって帰ります。お金がない、もしくは服を脱ぐのがめんどくさい人は足だけでも定山渓温泉を体験していってください。

ちなみに、車で10分ほど札幌寄りのところに小金湯温泉という温泉があるのですが、私はそっちのほうが好みです。パリっとしたお湯で、湯上りはすべすべって感じです。

他にも豊平川本流と各支流の記事がありますので、そちらも参考にしていただけたらと思います。

QooQ