テンカラのアワセとランディング


かかった魚をどうネットに収めるか


魚が掛かったらアワセのページの要領でアワセをし、しっかりと針に掛かったら竿を立てラインを張り魚とのやり取りとなります。このアタリ→アワセ→取り込みまでがテンカラで最も面白い所です。以下の手順で魚とのやり取りをします。

①のようにキャスティングの時と変わらない腕の位置で手首を返し竿を立てます。親指も使ってしっかりグリップしワキを締めます。あわてて腕を大きく上げて持ち上げるような動きはしない方がいいです。魚を水面直下で泳がせる程度を保ちます。最初は慌ててついつい魚を水面の上にジャンプさせてしまいがちですが、魚が弱るのと、場を荒らしたくないので、あくまで竿を立てる程度にし魚を泳がせます。

②魚が大きくパワーがある時は魚の走りに合わせて送ってあげます。無理に竿を立てて抵抗するとラインが切れます。ニジマスの場合ものすごい引きを見せることがありますが、頑張ってこの位置をキープします。必要であれば両手で竿を持ってください。この時魚の向かう方向を操作できるとラインを切られなくなりますが、ややテクニックが必要です。

岩が多いエリアですと岩陰に潜られラインを切られるので少し強引にでも引きずり出してしまった方がよかったりもしますが。あくまでもケースバイケースになってしまいますが、テンカラタックルはリールが無くドラグ機能も使えないので、あまりにも同じ方向に走られるとラインが切れてしまいます。うまく方向転換させながら体力を消耗させ、取り込みましょう。

リールがある釣りとの大きな違いがもう一点。ラインの長さを調整できないので竿を持っている手とは逆の手でラインをつかまないといけません。

①左手でラインを捕まえ

②そのラインを竿を持つ手に渡し、ランディングネットを構える


ちょっとわかりにくいですが、実際にやってみればすぐに言っていることが理解できるはずです。初心者のうちはラインは竿と同じ程度にすることが多いので、ランディングは比較的容易ですが、ベテランが使うとても長いラインの場合はまた別のテクニックが必要になります。でもラインが長ければ長いほど、釣り自体は面白くなるので、慣れてきたら少しずつラインを長くしてみてください。新しい景色が広がりますよ。

このブログの人気の投稿

天井にスタイロフォームを貼る

ペットボトルで作る小鳥の餌台

【初心者にお勧めのタイイングバイス】バレーヒル(Valleyhill)プロAAバイスEXの使い方