テンカラの仕掛け

 

「テンカラ結び」で実際に仕掛けを作ってみる


いずれの連結もテンカラ結びをつかいます。

初めに竿の先端とラインを結びます。


竿の先端に紐がついていると思うのですが、それをリリアンと呼びます。まずリリアンに止め結びでこぶを作ります。そしてリリアンにテンカラ結びの③を省略した(輪が一つ)ものを通して締め付けます。この時、リリアンを2回輪に通してください。


次にラインとハリスの連結です。ラインは黒、ハリスは青で示しています。


リリアンの時と同様にラインの端にコブを作ります。8の字結びが良いでしょう。そのコブにハリスの先に作ったテンカラ結びを通し締付けます。

最後にハリスと毛バリを結びます。
針の輪(アイ)にハリスを通し、テンカラ結びで結んで完成です。

これで各パーツが繋がって一つになりました。タックルの項に詳しくありますが、ラインは竿と同じ長さ、ハリスは1m程度になる様に、結びの分も調整しながら作ってください。

このブログの人気の投稿

天井にスタイロフォームを貼る

ペットボトルで作る小鳥の餌台

【初心者にお勧めのタイイングバイス】バレーヒル(Valleyhill)プロAAバイスEXの使い方