投稿

3月, 2019の投稿を表示しています

12アイテムで始めるテンカラ

イメージ
1 ウェーダー  川に入らないと釣りになりません。胸まであるタイプがお勧めです。フェルト底でピンスパイクがついていると最高です。値段はピンキリですが、最低2万程度のものはほしいところです。最初はウェーダーでいいですが慣れてきたらウェットウェーディングもお勧めします。ウェットウェーディングだといざというときに泳ぐこともできるくらい動きが軽くなります。夏場に限った話ですが... 2 グローブ 釣り用の指先がカットされたもの。防寒、虫対策、転倒時などに有効です。テンカラはひたすらキャスティングを繰り返すので、グリップ力の維持という側面もありますね。ネオブレン素材がおすすめ。 3 帽子 つばが広く後部に虫除けの布がついているものが良い。直射日光を防ぎ転倒時にも頭を守ってくれるなくてはならないもの。 4 ハサミ 仕掛けの交換に頻繁に使います。品質の差が顕著に出るアイテムです。   5 フォーセップ 魚の口から毛ばりを外す際に使う、先端が細くなったペンチ状のものです。画像の物はフォーセップとハサミが一つになっているタイプ。特に魚が毛ばりを飲み込んでしまっている際にはこれがないと魚へのダメージがとても大きいので必須アイテムとなります。 6 メジャー 大物が釣れた時に計測します。残念ながら滅多に使いません。無い時は河原の草木を手折って魚と同じ大きさに切っておき、帰宅後に測るという原始的な方法も。 7 毛ばり・ハリスホルダー ハリスと毛ばりは頻繁に付け替えるので、首から下げるかベストに収納するとよいです。テンカラだとそこまで毛ばりの種類は多くならないですし、ハリスも太さが違う予備を一巻き用意するだけで十分なので、小ぶりで携帯性がよいものを選んでください。 8 ホイッスル 熊避けと同行者への連絡用です。渓流は水の音で声がほとんど聞こえません。緊急時に助けとなりますので持っておいた方が良いです。ほかにも何かと使えます。 9 偏光グラス 水中が見えやすくなります。また、逆光下での釣りでも視界を確保してくれます。実際の釣りにも効果的ですが、川を渡るときにも川底がよく見えるので安全面での効果もあり。 10 ランディングネット 大物がかかった時の安心感がちがいます。無くても平気だろう、どうせみんなおしゃれで持っているんだろうと初めは思っていましたが、やは

雪代の前に

イメージ
雪代(ゆきしろ)は雪国の人しか使わない言葉でしょうか。 雪解け水が川に流れ込むことをさす言葉で、大雨の後のような増水状態が1~2か月続きます。私が住むエリアでは4、5月はこの雪代の影響で最上流部以外はほとんど釣りになりません。 今年は記録的に雪が少なく、また2月下旬から暖かい日が続いた影響で、既に道端の積雪は腰高程度になっていたので川の様子を見に行きました。ちなみに様子を見に行って、本当に様子を見ただけで帰ってきたことはありません。 予想通り、河原の雪もこの時期にしては少なく、なんなく川まで降りることができました。 とはいっても、まだまだ水温は低く活性の高い魚はいません。定石ではこの時期、魚は動かず、自らアプローチすることがないので、魚が休んでいる川底や、岸の岩陰などを狙うことになります。 でもアタリがなく、魚の影も見えない状況では集中を維持することは困難で、まぁ今日は様子見だし、竿を振れただけでよかったということで。 と思っていたら奇跡の一匹。大げさではなく、へたくそな私にとってこの時期に釣るのはそれほど難しいことなんです。27センチのニジマス。 さて、シーズン初めだし今季の目標を決めておこう。  ニジマスの記録更新(現在36センチ)  イワナを河原でさばいて食べる 記録更新は...今の釣り方では運しだいだと思う。過去2度、間違いなく40オーバーという魚をハリスを切られてばらしたことがあるので、シーズンに2.3回はチャンスはあるはず。 イワナをさばくのは簡単か。でも、ちょっと面倒だけど釣り人としてやっておくべきことだとは思うんだよな。基本、無傷でリリースではありますが...