2018/08/19

札幌市内T川

早起きに成功し4時半には河原に到着。だけど黒岳が今季初冠雪という寒さのこの日、気温が上がらず嫌な感じーと思いつつ釣り上がります。季節は盛夏のはず...

確実に出るポイントで出ないという状況(今後「確実にでるポイント」とは呼べません)で厳しい釣りはじめとなります。水量の微妙な増減で川の流れは大きく変わります。今日は先日の大雨の残りが川に入っている状態。笹濁りで大味な印象です。



前半は苦戦しましたが区間途中から急に釣れはじめます。よく起こるこの現象、ほんと謎です。時間、水温の関係なのか、その日の水の流れの関係なのか、よく分かりませんが、同じ川なのにひとつ岩を超えたら急に釣れだすといったことがしばしば起こります。

そして上の画像の緩やかな流れ込みで大きめのアタリが。魚は流れにうまくのってぐんぐん下流へ逃げます。手応え的には尺上、でもランディングしてみると26センチ。だが筋肉隆々のきれいなニジマスで、強い引きに納得しました。


時間もよくなってきたようなので大物を求めて堰堤のポイントに移動します。先日の大雨で流れ着いた流木がドドーンと横たわっています。大量の土砂が川に入ってしまって、ポイントが変わっていて釣りにならず。


さてゴミ拾いして帰るかと思ったが...やはり大雨で流れて行ったようで比較的河原はきれいでした。実釣2時間、ニジマスが計3匹で最大が26センチ。うーん、ややまぁまぁ。