2018/08/11

近郊河川でテンカラ

市内を流れる河川のポイントに入りました。河原までは簡単に降りられるので焚火の跡やキャンプの跡、ごみも散見されるポイントです。ですが意外にも魚影が濃く大型のニジマス、ヤマメが期待できる区間です。


今年に入って基本毛ばりに使うハックルをソフトからハード系に変えて試して使ったりもしていますが、ことテンカラに関してはやはり毛ばりの色や形は釣果に影響しないというのがこれまでの経験から導いた答えです。魚が居て、アプローチに成功し、的確な流れに毛ばりを落とすことができれば、魚は出ます。なんて偉そうに書いてみました。

25センチ程度のニジマスを数匹釣ったのち、下の画像のポイントで少し時間をかけて様々な流し方を試しました。


左側の流れ込みでは無反応、奥の流れが弱い所からヤマメが出ました。ちょっとニジマスとの判別が難しい所だが、顔つきと引き具合、尾びれ下側の色、総合してヤマメということで勘弁してください。


画像にありませんが、区間最後の大場所で超大物を掛けました。ニジマスの50~60センチのやつです。完全に根掛かりだと思い、竿を置いてラインをひっぱたらクイクイと返事が。その直後猛烈な引きとジャンプでラインブレイクです。いつもならどこかの結節点で切れるが、ハリスの途中からブツッと切れていました。よほどのパワーです。もう少し高価なものに変えるか、号数を上げるか悩ましい。1号で途中から切れるなんて思ってもいなかった。でも収穫として、最近変更したノットが十分に強いことが確認できました。

しばらくは同じポイントに通って、大物と戦ってやろうと思っています。