2018/06/06

かゆいんですけど...

今シーズン集中して入ろうと思っている渓に来ました。ちょっと熊が怖いのでゆっくり音をだしながら進みます。この1週間の暖かさで一気に草木が茂り虫類も多く出てきました。グローブから出ている指先めがけて集中攻撃をしてきます。かゆい...


川は微妙に深い所があるので岸を進みますがご覧のように鬱蒼としています。きれいなミヤマカラスアゲハ発見。


最初のポイントでライズを目撃。いい季節になりました。ピンポイントで毛ばりを落とすもたたきに来るだけで食いつきません。まぁ焦らず進みます。次のポイント、数投目でラインの動きがピタッと止まり上流へ向けて動き出す。軽く合わせると走りだし、竿の弾力を使って十分楽しんだのちネットに入れると...なんだこれは。見たことがない魚。約22センチ。何かの交雑種か?


家に帰って調べるとオショロコマの可能性が。おぉ、おぉー、すごいんじゃないですか。引き続き虫の猛攻に耐えつつ釣り上がります。親指がかゆい...


奥の流れ込みに毛ばりを落とし自然に流します。深さは70センチくらいか。たびたびラインの動きに変化があります。その一つにさっと合わせるとなかなかの引き。手前左のえぐれに潜り込もうとします。この引きはニジマスだろうと思ってネットに入れると、なんとイワナ。この時期はイワナも元気なようです。25センチ。私の竿では十分に「興奮サイズ」です。


このあと同じポイントで同じサイズのイワナを3匹釣り大満足。まさか全て同じイワナじゃあるまいな... ということで竿を仕舞い引き返すことにします。指がかゆい。
入渓地点まで戻ったところでまだ時間があったので下流のポイントでも毛ばりを流してみることにします。もう十分釣ったので鼻歌交じりに適当に竿を振ります。そして下の画像のポイント。落差はあるけどごく小さい落ち込みのポイント。実際に毛ばりを流せる時間は2秒くらいという速攻ポイントです。かゆいなぁ。


明確なあたりは無いが、なんか毛ばりの動きが変だなというのが続き、数投したのちはっきりとしたあたりを捕えます。でもすぐすっぽ抜け。バーブレスの宿命か、あきらめずに投げ続けて10投目くらいか。同じ場所でギラッと光る魚体が走り出します。右に左に散々走った後、私に向かって突進してきて股の間を通過していきます。ラインを手で手繰ることしかできず、こうなると推進力を竿で受け止めることはできません。さらに岩に潜り始めるし、ダメかなと思った時ふっと力が抜けたのでさっとネットに入れました。今シーズン初の尺上ニジマスでした。やたー。


もうしばらく(1週間?)釣りに来なくてもよいくらいに満足し帰路に着きました。でもここは40アップを釣るまでは通うことになりそうです。と同時に時期もよくなったので近郊の他の場所も探索に出かけようと思います。