投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

マナーを守り楽しくテンカラを

  私からのお願い テンカラを含めた渓流釣りのフィールドに立つ皆さまへのお願いです。 まず釣り人としてのマナーを守って、お互いが気持ちよく釣りができるよう配慮をお願いします。 先に釣りをしている人がいたら挨拶をし、どちらの方向に釣り歩いているのかを訪ねて邪魔をしないようにしましょう。川では人間の上下関係はありませんが、先に釣りをしている人を優先します。 渓流では熊鈴を必ず付けてください。熊避けの意味もありますが、ほかの釣り人に人間が近寄ってきたことを知らせることにも効果があります。いきなり茂みでガサガサ音がしたら焦りますよね... バーブレスフックの使用と、キャッチ&リリース、これもぜひお願いします。やはり渓流に住む魚は今の時代とても貴重です。テンカラでバーブレスだと魚へのダメージは最小限です。 あとできればですが...可能な限りごみを拾いましょう。 私も釣りを始めた頃は、ごみの多さを愚痴るばかりでしたが、なんのことはない、自分が拾えばいいだけの話です。誰かのためではなくお世話になっている川への恩返しと思って積極的にごみを拾っていただけたら嬉しいです。

思い込みを捨てると釣果が上がるかも?

イメージ
  とにかくテンカラロッドを振ってみることが大事 昨今は多くの川がコンクリート護岸で固められ、砂防ダムや堰堤が魚の行き来を阻んでいます。確かに砂防ダムは魚の遡上は妨げますが、増水時に流れ落ちてくる魚は居るわけで、完全に魚がいないと思いこむのは間違いです。私が度々訪れるポイントは上流下流を砂防ダムに挟まれた200メートル弱の区間です。時間が良いと尺上が入れ食いになります。ですので多くの人が「絶対に魚がいない」と思う区間であえて竿を出してみることも重要です。本当に「竿を出してみないとわからない」んです。地図で気になる区間を見つけたら、とりあえず行って竿を出してみましょう。思わぬ釣果が得られます。 この川は釣れない、先行者がいるから釣れない、などと思い込んでしまうのもよくありません。特にテンカラはほかの釣り人とは違うポイントに仕掛けを投入できるアドバンテージがあります。そういう時はルアーでは狙えないポイントに絞って釣行するのもいいでしょう。私も実際にルアーの人が釣れない中、たくさん釣ったことがあります。