2019/06/15

一眼のセンサークリーニング

私のカメラ(pentax k-x)。なんか撮った写真に黒いノイズのような、ごみのようなものがここ1年ほど映るようになって、特に絞ると顕著に表れていました。風景撮影時にf8とかで撮影すると、大変なことになり、画像編集ソフトでレタッチが必要でした。

どうせレンズのカビとか汚れでしょ、と見当をつけ表面的にブロアーで吹いたりクロスで拭ったりしても全然変わらす、さては内部だな、ということで同じものをヤフオクで買いました。本体付属の標準レンズなので格安で状態の良いものを買うことができ、さぁいざ、撮影。

ノイズが消えない...早速ネット検索。どうやら症状がセンサーの汚れと一致しているようだ。カメラのキタムラでセンサークリーニングを2000円で行っているようなので近くの店舗を探すも、ちょっと遠い。再度ネット検索。センサークリーニングは自分でできるようでクリーニングキットなるものが販売されていることを知る。ほんとインターネットは便利だ。でも失敗したらまずいことになるらしい。さて、悩ましいところ。

いろいろ調べているとカメラの設定でシャッターが開きっぱなしとなり掃除できるモードになることを知った。早速私のk-xの設定画面で例のコマンドを見つけて実行してみた。カシャっとシャッターが開きっぱなしに...なんか見ているこちらが恥ずかしい。
さて、クリーニングキットは持ってないので取り急ぎブロワーで吹いてみた。そして撮影すると...全て解決。おぉ...なんだ、簡単じゃん。原因はセンサー上のほこりだったというわけです。

中古で買って1万枚撮影したのでそろそろイカレてくるかな。でも一眼デビュー機としていろいろ教えてもらいました。次もペンタックスの乾電池が使えるモデルにしたいところです。Kマウントの単焦点レンズも買ってしまったので。

ノイズが無くクリアな画面になりました 30ミリ単焦点レンズで撮影



こちらもノイズが無い! 30ミリ単焦点レンズで撮影